ブログ

Blog

第19回  人生がうまくいく人と人生がうまくいかない人

脚本の基盤は親から与えられたメッセージがカギを握っていることが多いです。

親から優しい言葉や愛情表現などのスキンシップをたくさん浴びて育った子供は

「自分は愛される価値のある人間なんだ、幸せになってもいいんだ、世の中はみんなイイ人」という脚本が描かれます。

逆に愛情のない無関心な態度や虐待を受けて育った子供は

「自分は望まれてない子供だったんだ、何をやっても駄目な人間なんだ、誰からも愛されないし、幸せになんて絶対なれない」という人生脚本を持ちやすく、それを証明するかのように不幸せな人生を歩むことになります。

でも、人はその不幸せな脚本から逃れる為に「対抗脚本」と言うものを書きます。

「人よりも努力して勉学に励もう、人から認められ必要とされる存在になろう、誰からも愛される人間になろう」という人生脚本よりずっとあとに与えられた、こどもが健全に育つために与えられた親が子を思うすこぶる自然なメッセージです。

「人生脚本」は自分でも意識していない心の奥底にあって意識できていないものですが、「対抗脚本」は自分で意識できるものです。

対抗脚本は不幸にならないために書かれる自己救済要素ですが、自分の人生脚本に気づいていないと、これを実現させるのはかなり難しいとされています。

人生脚本が無意識で働いているのに対し、対抗脚本は意識的に強く考えないといけません。

表向きは対抗脚本のとおりに努力していても、

深層心理では人生脚本が働き続けているので、人生の選択肢で不幸の道を歩んでしまうと言われています。

なので、表向きは、とても努力家で、勤勉で、まじめで周囲からも尊敬される人に見えるのですが、

人生の重要な局面には必ず人生脚本がその人の行動を支配します。

努力して勉学に励み社会的地位や財力を持ち、人格者と呼ばれ、誰からも尊敬され人も羨むような人生を歩んでいる人であったとしても、破滅の人生脚本を持っている人は無意識に居心地が悪くなります。

そして自分で自分を転落させるような事をし、不幸せな脚本通りに決められた場所に戻るのです。

「お前はへまばかりする子だ」というメッセージが入っていると成人してから

一生懸命溜めてしまった貯金を金融詐欺に引っかかってしまうとか

頑張りすぎて、心臓病で倒れて再起不能に終わるとか、

警察官が盗撮をして社会から非難されたり、学校長が万引きをしたり。

対抗脚本は社会的に受けの良いライフスタイルを演出しますが

禁止令がその最終的な運命を支配します。

「○○は才能があっていいよね」と、人をうらやむだけで自分では何もしない人、

「どうせ私なんて」と自分の価値を過小評価する人もいます。

こじれる人間関係をすぐに作ってしまう人、

自分や人に否定的な人などは敗北者の脚本を持っているかもしれないし、

自分自身がトラブルを引き起こす張本人であることに気が付かずにいるかもしれませんね。

「きちんとしなさい」「ちゃんとしなさい」「がんばりなさい」「早くしなさい」「しっかりしなさい」「いいこになりなさい」「てきぱきしなさい」「努力しなさい」「我慢しなさい」

これを繰り返し繰り返し言われることによって、強迫的なメッセージが入ります。

そのメッセージは

「完璧であれ、他人を喜ばせよ、努力せよ、強くあれ、急げ」の五つです。

これをドライバーと言います。親からのメッセージで駆り立てるものを意味します。

あなたはダメな子ねという思いがあって、何度も繰り返したり、何度も同じような経験をさせるとドライバーが入ります。

急げという言葉をいつも言っているとは急ぎすぎて肝心なところで失敗します。

急いでそして失敗をしなさいというメッセージになってしまうんですね。

成功してはいけないに結びつきます。失敗しなさいとなります。

「命令を満たしたときは愛されるが、そうでなければ愛されない」という脅迫感を持ちます。

自分自身であるだけで無条件に愛されたという安心感を持つことが大事で救うカギとなります。

禁止令が入っていても、このドライバーの言葉通りに生きているときは

「努力してる限り、自分は生きてていい(存在する意味がある)」という自分に対しての許可がおりますが、休憩しようとすると、「存在するな」という禁止令が現れて、不安や恐怖に駆り立てます。

こういう人たちは見えない恐怖に脅されて「一生懸命すること」に必死になり続けます。

きちんとしなさい、やるなら最後までしなさい。

と言われてドライバーがかかり頑張りたいけど頑張れないこともありますね。 

(子どもの反応)結局、親の期待通りきちんと(完全に)できない。 そして、完璧にできないとなると

(子どもの行動)ぐずぐずして、すぐにやろうとしない。

「行動するな」というストッパーがかかるんです。

ドライバーの拮抗禁止令に対応しきれなくなると、「ストッパー」が起こります。
ストッパーは

楽しむな・愛されるな・幸せになるな・自立するな、という4つです。

また自分以外の人間に感じるようになることもあります。それを

【ブレーマー】と言います。

他人に尽そうとする「ドライバー」、そのために自分を犠牲にしようとする「ストッパー」、責任転嫁の「ブレーマー」、これら三つが相互作用すると【ディスペア】ディスペアとは絶望や落胆です。

みなさんはドライバーが働いているでしょうか?

働いているとしたら下記のような許可を自分自身に出すことを意識してみてください。

 1.完全であれ      「あなたは、そのままでいい」「あるがままでいい」
2.努力せよ        「疲れたら休んでいい」
3.急げ           「時間をかけていい」「ゆっくりやっていい」「自分のペースでいい」
4.喜ばせろ        「自分のことを考えて、自分を大事にしていい」
5.強くあれ         「強くなくてもいい」「もっと弱みを出して人に頼っていい」「オープンでいい」

ひとが気持ちよく人生を生きるには3つのPが必要です

1.Permission (許可)     人生脚本を変えて良いという許可を与えること
2.Protection  (保護、受容) 変化することに対する心理的支えを与えること
3.Potency   (能力)     いかなる事態が生じても、適切な対応ができること 

自分の生き方、あり方は、子供の頃に、自分で決心して自分で決めたものなので、気づきを持ち、

自分の決心次第で、いくらでも変えていくことが可能です。それには自分の人生脚本に気づくことが大切なんですね。

人生脚本は、まだこどもで未熟なころに自分がそのときなりに一生懸命見つけた回答です。

でも今はもう古いやり方なんだとまず、強く自分で自覚することが大事です。

以上はすべて心理学の交流分析からのものです。

自分に思い当たる方は交流分析に触れてみるといいかもしれませんね(*^^*)

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ