ブログ

Blog

第23回  親だって褒められたいし認められたいですよね

みなさんこんにちは。

子育てを楽しみたいのに、あんなにこどもが欲しいと願ってできた子なのにだんだんと子育てが辛くなってきて、早く大きくなってくれたらいいのにと苦しんではいませんか?

頑張っているのに思うとおりにいかずに大きな声で叱責してしまったり、

ときには、とっさに手をあげてしまうなんてこともあるのかもしれません。

するとこどもはさらに泣き、また怒りが湧いてきてぶつけてしまう・・。

そして泣き疲れて眠ったこどもをみて“ごめんね”と今度は自分が泣いてしまうといった悪循環に陥ってしまって抜け出せなくなっていませんか?

こどもに温かい愛情が必要なように親にも心に愛情が必要ですよね

自分が愛され、感謝されているという実感を感じたり、

褒められるといったことがないと、

親だってどんどんと自己存在価値や自己肯定感を持てなくなってきてしまいます。

さらに 悲しいこと、辛いこと、腹が立つことが続くと

何もかも嫌になってきて投げ出したくなります。

心に栄養が足りない状態での子育てはとても大変なこと。

心がカラカラの状態だと冷静な行動ができなくなってきて

こどもも自分の心の闇にのみ込んでしまう危険性が。

そうなるくらいなら、いっそのこと、

「こうしたい、あーしたい」「こうなってほしい」「あーなってほしい」

という理想をすべていったん、手放すことをお勧めします。

子育てをいろんな人に聞くのも相談するのもとてもいいことだけど

心に少し余裕ができてからに。

そのアドバイスが『手抜きのススメ』の場合のみ、参考にすればいいと思います。

心に「辛い、寂しい、疲れた」がたまったら、

その言葉を声に出し、誰かに話しましょう。

そして、あなたがそのひとにどうしてほしいかを具体的に伝えてください。

「“辛い、寂しい、疲れた”のを何とかする方法はありませんか?

とアドバイスをもらうのではなく、また「だから何とかしてください。」でもなく、

「だから数日間、預かってほしい」とか「だからどこに相談したら支援を受けられるか教えてほしい」とか「ただただ愚痴を聞いて“よく頑張ってきたね。”と受け止めてほしい」などです。

人が求めている返答は人それぞれだからこそ、

自分にベストな自分が欲しい返答が返ってくることはなかなか難しいですが、

そのときは、相手の人に「うん、うん」とうなずいて、ただただ、受け止めてもらうことを求めます。 

人は上手に返事ができないことはあったとしても、あなたを責めたりはしません。

“信頼してくれたからこそ話してくれた”とほとんどの人は思うはずです。

もしそうではない人がいたら選ぶ相手を失敗しただけのこと。また別の人を探してください。

なにより、“言葉をちゃんと口にして人に言えただけで充分頑張った”と自分を認めることができます。

 なぜなら、それは、“なんとかしたい”という気持ちの表れなのですから。

“自分の頑張った、頑張っている”を取りこぼさずに全部認めることを続けていると

心に少しずつ栄養が貯まってきます。

そしたら、今度は「ありがとう」「可愛いね」「嬉しい」「すごいね」「素敵だね」の言葉を口に出しましょう。

相手の心に栄養補給しているのと同時に自分の心もほっこりしてきます。

人はいいことをしていると気持ちよくなって、

そんな自分に誇りが持てるようになってくるのです。

言われた相手はもちろん気持ちよくなって、あなたをまた、さらに愛おしく思うようになるでしょう。

あなたに心の栄養補給をしてあげたくなります。

「私で良かったら力になるから」「いつでもなんでも話して。」と言ってくれるでしょう。

すると、あなたはその優しい言葉が胸に染み、温かい気持ちになって

また心に栄養が貯まり少しずつ幸せを感じられるようになってきます。

幸せを人に与えればその幸せは自分に返ってきてその幸せをまた人におすそ分けするとその幸せは幸せを生み、スパイラル状に増大していきます。

「すごいね」って言ってもらえる子育てなんていりません。

自分で自分を素直に言葉を口に出して認め、人に対し、素直に気持ちを言葉で伝えられる自分を愛しく感じながら子育てをして下さい。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ