ブログ

Blog

第48回  こどもたちに伝えたいこと ~自分と人とでは感じ方が違う~



ひとが悪いことをしていたとき、友達がいやなことをされていたときは
「やめておこうよ。」とか「それはしないほうがいいと思うよ」「その言い方は少しよくないね」って声をかける心を持つのはとても勇気がいることと同時に危険もとても高いです。
人を救おうとした人でも、簡単にターゲットになってしまうのがいじめだからです。
そして悲しいことに自分がターゲットから逃れることができると、自分を守るために、勇気を出してくれ、身代わりになってしまった人と関わらないようにしたり、加害者側についてしまうことはよくあることだからです。
「人をイジメてはいけない」というのは規則です。
規則と言うのは「きまり事」です。自分に誇りを持てる人はちゃんと「約束」を守ることができます。
純粋でまっすぐな人、恐怖に打ち勝って頑張って注意してくれる人は、つい、肩に力が入ってしまって、「やめなよ!」「そんなんしたらあかんやんか!」ときつい言い方になってしまいます。
だって、“自分は間違っていない”ですから。当然です。全然、間違っていません。むしろ正しい。
本当によく頑張っています。なかなかそんなことできません。本当にすごいです。
私は全力でそんな子を守ってあげたいです。
でも私はそばにいることができません。
だから要領の良さを覚えて下さい。ズルさでもいいです。言い方を変えることはぜんぜん、ずるさじゃないけれど、
悪い人にも、配慮が必要です。それは相手への思いやりと言うよりも、自分を守るためと思ってくれたらそれで全然いいです。
きつい言い方になってしまうと、言っていることは正しいけれど、言われたほうは恥ずかしくなってしまって、
やっていることがやめられなくなったり、もっともっといじめてしまったりすることがよくあります。
人に注意するときはすこしだけ頭を使って計算して、相手のひとが恥をかかないような言い方をするのが賢さです。
そしたら、もしもがんばろうとしているひとはもっともっとすごくなります。
「ま、いっかー」となりがちな人もいます。
人が悪いことをしていても「ま、いいっかー」と気にならなかったり、
「ま、いじりなんだからいいんじゃないの」と軽く考えてしまったり、
ときには自分もお笑い芸人さんのまねのつもりで人に嫌がらせをして笑いに変えてしまったりします。
テレビはお仕事で、いじめられているように見える芸人さんたちも、あれはお仕事でお金をもらってやっています。
本当に行き過ぎてしまうこともあるみたいだけど、ほとんどの芸人さんたちはちゃんとお互いに信頼し合っていたり、
分かり合っていたり、思いやっていたり、うっかり力が入り過ぎてしまったときは、あとから「ごめんね」って言っていると思うし、あとでお互い、対等に喧嘩できていると思います。
テレビの中で、いじめみたいにして遊んでいるように見えてみんなを楽しませるているのは、あれはショーです。
例えば脅かせたり怖がらせたりしているドッキリもちゃーんとあとで会社からお金をもらったりしています。
ですから、友達とかにテレビで見ているような笑いが起こることと同じことだとしても、
人が痛い思いをしたり、嫌なことを言われたり、脅かされたり、いじりって言われるようなことでも、
それはしてはいけないんです。
でもテレビも、いくらショーだったりしてもやってはいけないことをやりすぎてしまっている時もあります。
そういうときはテレビの倫理委員会と言うところが注意するようになっています。
芸人さんたちもいろんな思いがあって「世の中を笑いでいっぱいにしたい」とか「ただただ単純に楽しんでほしい」「みんなの人気者になりたい」とかボケのほうもツッコミのほうもお互いが了解の上で夢や思いを持って頑張っているのに、
それが「いじめ」のきっかけになってしまったら悲しみます。
「人を不幸にしたかったわけじゃないのに」「ただ幸せな気持ちにしたかっただけなのに」「明るい気持ちになって欲しかっただけなのに」って傷付くでしょう。

相手の人がどう思っているか次第だといったりするけれど、
なかなか人は嫌なことをされたり言われたりしても、周りのみんなが笑っていたり、楽しんでいたら、
なかなか「やめて」とか「嫌だ」っていうどころか、嫌な顔することさえできないこともたくさんあります。
空気が読めないって言われたくなくて無理してニコニコ笑ってしまってばかりいて学校が辛くなることもたくさんあります。
人の心はわからない
自分と人の価値観は違う
感じ方も違います
だから、テレビのまねしてツッコミで人の頭をバーンと叩いたり、人に対して、
「はげらっちょ」とか、「ほくろマン」とか、変なあだ名をつけたりとか、脅かそうと思って靴を隠したりとか、
筆箱に変なものを入れたりとかそんなお笑いやあそび、イジリはやめましょう。
自分がされて嫌なことは人にもしない
とよくいうけど、それは当然で、自分がされても嫌じゃないことでも、人はされたらいやなこともたくさんあることを忘れないでください。
いじりをしなくても楽しめることはたくさんあるので相手の人も笑顔になるようなお笑いをしましょう。

もしもあなたがお姉さんのような存在で、みんなに慕われているとしたら、
人がいじめられていた時、注意できなくても、あとから、誰にも見えない所ででいいので、
「大丈夫?悲しかったでしょう?」「いやだったよね。辛かったよね」と声をかけてあげられたらいいですね。
それだけでもすごいことです。ものすごいことです。ばれたらどうしようって怖いものですから。
だから本当に本当にすごいことで、それだけでも、いじめられている子は嬉しいです。
大きくなって必ず、あなたの存在を思い出します。
もしも、ちょっと勇気を出してくれるのなら、イジメている人には、注意するというよりも
「わたしだったら悲しくなるな」とか「みてたらなんか可哀想になってきた」と言葉に出して人がされたひとがどんな気持ちになるか教えてあげるのはどうでしょう?いじっていた子がどんな反応するか想像してみて、自分に被害が及ばないと思うのならやってみてもらえたら嬉しいです。
でも、自分も大事にして下さい。
そして、泣いているひとには、「痛かったよね?もう平気?次は勇気を出して、“いたい!”って大きな声で言えるといいね!」とそのひとが強くなれるようにアドバイスしてあげれたらいいですね。
その姿を見て、関わろうとしていなかった他の子たちも、あなたと同じように勇気を出してその子を守ろうとしてくれるかもしれません。
やさしさというのは、なんでもかんでも代わりにしてあげることでもありません。そういうときもあってもいいのかもしれないけど、そればかりだと、思いやりにならないこともあってしまいます。
そのひと自身が自分の力でひとりのときでも頑張っていけるように、
応援したり励ましたり、手を貸して、人の心が育つお手伝いをすることができたら、それはまた素晴らしいことですね。
人は人が胸を痛めていると自分の胸までものすごく痛くなって、「可哀想に可哀想に」って言いすぎてしまうことがあります。
すると、その子がどんどん自分で「自分は不幸で可哀想な子」って思いこんでしまって、
自分の力を発揮しようとしなくなるときもあります。
また、「そんなんしたら可哀想やんか」と可哀想な子を守ってあげることだけに必死になって、自分自身がクタクタになってしまうこともあります。
人のことを大事にしてあげることはすごくすごく素敵なことだけど、自分のことも大事にしてください。
自分が悲しい思いをすることになったら、自分が辛いだけじゃなくて、自分のことをとても愛してくれているおうちの人が自分以上に胸が痛くて痛くて辛い悲しい思いをします。
自分だけでなんとかしてあげようとせずに先生や自分の親など他の人の力も借りて何とかしてあげられるといいですね。
自分の心が不健康だと、「いじめられるほうにも問題があるんじゃない?」とか「それくらいで泣くとかってわけわかんない」とか人の気持ちを無視したことを言ってしまったり態度をとってしまったりすることもあります。
イジメられている子にどんな問題があったとしても、
だからイジメていいということは絶対にないんですね。イジメた時点で100%イジメた子が悪いです。
いじめは犯罪です。
例えば、「当たった、当たってない」の言い合いもよくありますが、当たっても当たらなくても、暴力を振るえば、暴行罪です。
「どちらが悪いかわからないけど、その言葉に関してはよくないと思うんだが君はどう思う?」と質問したり、
「いじめているつもりはなくて遊んでいるだけということだけど、僕には嫌がっているみたいにみえるからいじめということになるんじゃないか?」と冷静にモラルに従って判断しようとする子もいます。
モラルとは決まり事では決まっていないけれど、そのときの行動をどうするのが良いのかを他の人からみても自分で考えてみても、
おかしくない行動をすることです。
悪くはないけど、ちょっと寂しいねって思います。
自分の身に起こっていないことだと、「どっちが悪いのか考えないと何とも言えない」とか「いじられているほうの意見が聞きたい」などと言ってしまうこともあるかもしれません。
どちらの味方もせず、どちらが悪いと決めつけずに理由を聞いてから判断しようとすることも大事なことだけど、まずは目の前で悲しんでいる人をとりあえずその場から救おうとすることが先です。
人の心として大事なことです。
いじめられている人がどんなに自分で自分の気持ちを言うことが大事だとしても、
悲しんでいたり、怖い人が目の前にいるときはなかなか言えるものではありません。
安心できて怖い人がいないときに優しく気持ちを聞いてあげるということがとても大事です。
人がいじめられているとどうしていいかわからなくなって、
「どうしようどうしよう」「これはいじめじゃないよね?遊びだよね」「でも泣いてるし、どうしたらいいんだー」とパニックになってしまうこともあります。怖いですものね。いじめじゃなくて遊びだって思い込めたら、心は罪悪感で痛まなくて楽です。
でも、それだとそのまま自分もいじめの仲間とおんなじになってしまいます。
テレビじゃない世界のいじりは最後にはいじめとなることがほとんどです。
 いじりはいじめのたね
心がパニックになりかけたら大きく深呼吸。
そして心のスイッチを冷静な心と正しい心、優しい心に入れて、
「いじりはいじめの種になる。だからやめたほうがいいと思うんだけどどうかな?」と勇気を出して言うか、
勇気が出なかったら、その場から他の子も連れて帰ってくれませんか?
みんなが同じように考え、どんどん帰れば、いじりをしている子はつまらなくなります。
いじめをしている子の周りでいじめを見ているのはお客さんと同じでお客さんに見せたくていじりをする子もいます。
たった一人でやったって面白くないものです。
まだ、“いじり”の段階なら、“いじめ”を防げます。防げなかったときはまた考えましょうよ。
もしもあなたが人気者で元気いっぱいだったら、いじめを見たとき、
イジメている子に「そんなことよりあっちでドッジボールしようよ!」
「こんなことしていてもつまんないぜ!向こうに行って遊ぼう!」と本当に楽しいことに誘ってくれたらうれしいです。
心が不健康な子は、「みんなが楽しんでるんだからもうちょっと空気読めよ」とか、いじられている子のすがたをみて笑っていたり、目立つためにじぶんももっと面白いいじりをしてやろうと思ってしまうことがあります。
こうなってしまうと最悪です。
エスカレートしていくこと間違いなしです。
どうか、一刻も早く、知恵を絞って、いじめられている子のお母さんやお父さん、家族の人になんとか伝えて下さい。
自分のことがばれないようにで全然いいです。
それをしてくれるだけで凄いことです。もししてくれたとしたら、『本当にありがとうございます。』と心からあなたにそういいたいです。
人がいじめられていてもいじめられていなくても、ひとのことは気にしないこともあります。
「いじめをしているひとにもいじめをされている人にも興味がないんです。」と言う人もいます。
そういうひとには「自分がされたときのことを想像してみて」といっても、ピンとこないかもしれません。
だからお願いします。
「興味があっても興味がなくても関係なく、何かできることを行動してください。」
どうかお願いします。
人は法律で定められていなくても、ひととして、ひとに心を守ってもらう権利も持っていれば、
自分に危険がない限りは、ひとの心を守ってあげる義務もあります。
興味がなくても、無視はいじめと同じです。なにか行動を起こすことで人間としての義務を果たしてください。
 例えば、先生にこっそり言いに行くのはどうでしょう?
「先生、絶対に私が言いに来たことを誰にもばれないようにしてくれると約束していただけますか?」
と聞いて、先生が約束してくれたら、「○○君がこんなこと言われていて可哀想だけど私も怖くて言えないから助けてあげてください。でも、さっき約束したように私が言いに来たことを絶対に言わないでください。私も自分が同じようにいじめられたりすると怖いので約束してください。」と自分にできる限りのことを勇気を出してしてもらえたらと思います。
先生に言う勇気がなかったら、
家の人に話して、「自分が話したって絶対にばれないようにしてくださいって先生に言って」と家の人から先生に話してもらいます。もしもそれが問題だったら、おうちのひとに、名前を隠して、ワープロで学校に手紙を書いてもらうのはどうでしょう?
人のために自分のできる範囲で自分にできる限りのことをしてあげられたらそれはすごいことです。

いじめられている人へ

嫌なことがあってもニコニコニコニコ
筆箱を隠されてもニコニコニコニコ
叩かれてもニコニコニコニコ
嫌なことを言われても、先生にもおうちの人にも言えず、ニコニコニコニコ
そして我慢の袋がはち切れたとき、
すぐに泣いてしまったり、朝になると学校に行きたくなくて学校を休んだり、
勉強が手につかなくなったり、なんにもやる気が出なくなります。

もしも、いじめられていることとか嫌なことをされているとか、それを言う勇気がないからと言って
「おなかが痛い」とか、「頭が痛い」とか言って学校を休んではいけません。
もちろん、まずとりあえず逃げる、そういう意味で、最初はそれでもいいですが、
ずっとその理由だと、おうちのひとは本当に病気だと思ってしまいます。
学校を休めば休むほどどんどん、学校に行きにくくなってしまいます。
学校を休んで心の元気を取り戻す必要がある時もあるけれど、
休まなくてもなんとかなることがどんどん悪い方向へ進んでしまうこともあるし、学校に行かないことで、
手に入れられるはずのものが手に入らなくなることもあるかもしれません。
学校に行かなくても他の選択肢を選ぶこともできますが、ちゃんとおうちの人に話して、相談して、あなたに一番合った、あなたの人生を大事にできる方法を探すためには、おうちの人に話すことはとてもとても大事です。
どうしても言えないなら、強硬手段でいきましょう!
おうちの人の前でとにかく大きな声で泣くとか、部屋からごはんの時に出てこないとかどうでしょう?
そしたらかならず、おうちの人は心配して必ず「どうしたの?」と聞いてくれると思います。
そのときに「なんでもない」といってはいけません。それはひねくれもの。おうちの人が可哀想です。
ちゃんと「絶対に誰にも言わないでね」と言って話しましょう。
どうしても話す勇気が出なかったら、お手紙を書いて、おうちの人の枕のところに置いておくか、
家のポストに入れておきましょう。
おうちの人に話す前にまず休んでもぜんぜんいいけど、できたら、できるだけはやくおうちの人に話してみて!!
どうかお願いします。
心がおかしくなる前に、できる限りのことをしてみるのはすごい勇気がいることだけど、
もしもその勇気を出せたらそれはすごいことです。本当に素晴らしい。たくさんあなたに拍手を送りたいです。
心がおかしくなってしまうと、人が嫌がことをしてしまったり、注意されたり、「やめて」と言われるともっと嫌がらせをしてしまうことがあります。

きもいなど悪口は侮辱罪です。
人がやりたくないことをやらせるのは強要罪です。
ひとの物に落書きしたり、破いたりするのは器物損壊罪です。

いじめの全部に罪があります。

○いじりはいじめの種になる(かもしれない)
○あそびでも嫌なことをされたら、ニコニコしない
○嫌なことをされそうな雰囲気だったらすぐに違うところに行く
○友達にされた嫌なことがあっても、できるだけ他の友達に話さない
「こんなこと言っていたよ」ともしも言われてしまったら、自分が人の悪口を言っていたことになってしまうことがあるからです。
○嫌がらせが三回目の時は大人に話す、または手紙を書く
○いじりを見たら、いじめている子が恥をかかないような言い方で声をかける
○いじめを止める勇気がなかったら、絶対に自分が言ったことを言わないという約束をしてもらってから、
先生やおうちの人に言う
○勇気がなかったら手紙を書く 

それでも自分が言ったとばれるんじゃないかと不安に思ったら、かいけつゾロリになったつもりで、
こんな怪文書を作ってみましょう。
いたずらに使ってはいけません。
正義のためにつかってください。
どうか、みんなが、思いやりのある自分を誇りに思う日が来ますように。
きっと、これを読んだ人はその瞬間からなれます。
なぜなら、正しい心を持っているからこそ最後まで読めた。
自分に思い当たることがあって、それでも自分は悪くない、変わりたくない、変わるつもりはないと思う人は、
読みたくないし、読まないからです。
自分に思い当たることがあっても最後まで読んでくれた人は、優しい人、正しい人。
今、何かの理由で心が不健康になっていただけか、気づかなかっただけ、です(*^^*)
ありがとう(*^^*)
最後まで読んでくれてありがとうね(*^^*)

水野優子

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ