ブログ

Blog

第57回  散らかしっぱなし、片付けられない

「うちの子は散らかしっぱなしで・・」と怒っているママのお話しを聞きますが、ママにどれくらい散らかしっぱなしなのかを教えてもらうと結構、「その年齢にしては頑張ってる方よ~」と感心させてもらうことがよくあります。

ママは「えッ!?」と驚かれますが、本当です。

特に上の子には、自分と同等くらいの感覚でみてしまうようです。

子どもなんてね、そんなに片付けられませんよ。性分というのもありますしね。

でも、・・片付けてほしいですよね。

じゃあ、真ん中を取って、言ったら片付ける、でヨシにしませんか?

何度も言わせられるのも、アリでいかがでしょうか。

子どもは子どもだからすぐに忘れますし、嫌なことはしたくないから、自分からなかなかしないものです。

恐怖が待ち受けている子でも、片付けることを忘れてしまうことがあるぐらいです。

そんなものです。

それならまだ、ゆったりのんびり、で関わって、子どもが、“褒められる”という報酬を受け取ったときの快感を感じるために、お片付けする、という行動に持っていった方がまだ、片付ける確率が上がります。

それでも、なかなか、100%になりません。

なぜなら、子どもが、自分が、困らないからです。

親は「欲しいときに欲しい物が見つけられなくて困るでしょ!?」と言いますが、本人はそんなに困っていません。困るのもいっときのことです。

片付ける面倒くささに比べたらたいしたことではないのです、子どものうちは。

ママがお片づけをするのは、“自分がやらないと誰もやってくれないから”です。

もしも、自分がやらなかったら、誰かが代わりに「やっといたよ」となれば、絶対に、“忘れ”ます。

もしも、お片付けが好き、片付ければいいことがある、などがあれば、自ら進んで片付けると思いますが。

と、言うわけで、どんなに訓練してあっても、“言わなくても絶対に自分からする”“指摘されなくても完璧な片付けをする”という100%にはならないことを理解していただき、質問です。

Q「お子さんは、片付けなさいと言われても、絶対に動かないし、なにがなんでも、一ミリも片付けないですか?」(暴力は無しです)

答えは、「そこまでは~。言ったら、イヤイヤやりだすかな・・」という感じではないですか?

そうなんです!ここで、「偉いなぁ。ちゃんと片付けるじゃない」と認めて下さい。

言われて言うことを聞くなら、お子様はいい子です。

グズグズ動いたとしても、とってもいい子。言うことを聞く子です。

偉いなぁ、賢いなぁです。

①朝、気持ちよく学校に送り出してください。

②ニコニコママでいて下さい。

③片付けることを完全にしないと決定したときに初めて、「さぁ、片付けようか?」と声をかけます。グズグズしてたら、「今、やってること(例えばゲームなど)何分くらいに終わる?」と聞きます。

例えば、「18時かな」と返事をしたら、「じゃあ、終わっても終わらなくても、18時10分には片付けだそうね」とお約束をします。

“終わっても終わらなくても”です。

④時間になっても始めなければ、「さぁ、片付けるよ」と声をかけます。

決して嫌な声にならないように。促すように明るい声でです。

「もうちょっと待って」と言ったら、「どれくらい?」と聞いて、先ほどと同じように、10分ぐらいの余裕をつけて、「じゃあ、〇分ね。次は待てないよ?」と宣言します。

⑤ここで時間になっても始めないようなら、「だめ。あと10分待ちます。タイマーかけとくね。もしも、このタイマーがなっても、動き出してなかったら、〇曜日までは〇〇できませ~ん!」と明るい口調でいたずらっぽく宣言してください。

⑥タイマーが鳴る10秒前からカウントダウンをして下さい。

「10.9.8.7.。。。。。」すると、たいていのこどもはブザーが鳴ってから動き出します。

結構楽しそうです。慌ててる様子を見て、思い切り笑って、楽しそうに、「えらいじゃなぁい!!さぁすがぁ!」と言ってあげて下さい。

子ども扱いでもいいのです。

たまの子ども扱いは愛情を感じられて、甘えを許されている感じで心地が良いものです。

⑦もしも、動き出さなければ、「あー!わかった!」と楽しく責める感じの言い方で、終わっておいてください。

そして翌日から、約束を実行してください。

⑧お片づけをしない限り、一日ずつ、「〇〇をしていい日」を延長していってください。

お片づけをした翌日から、3日お預けです。

たとえば、時間を過ぎてからお片づけをした場合、まずは一回だけだから大目にみます。

二階までは大目に見てあげてもいいんじゃないかと思いますが、3回目になる前には、しっかり「次は絶対に約束通りに〇〇できないからね」と宣言して、実行してください。

お片付けができるようになる子のコツ

①楽しく明るくかかわる

②余裕を持たせた宣言をする

③三回目までは大目に見る

〇お片付けのエリアを決める

①ママが片付けなくても困らないところでしか、風呂敷を広げてはいけないルールにして下さい。

例えば、自分の部屋だけ、あるいは空いているスペース。リビングの一角。

テープで線を引いたり、洗濯物干しラックなどを利用して仕切りを作るなど。

勉強部屋は散らかしたくないので、勉強部屋で遊ばせるなら、狭い部屋であっても仕切って下さい。

②ヤイヤイ言わなくて済むようにブルドーザーになる

陣地を犯して入ってくることがあります。

そういうときは、「片付けて」と毎回言わずに、とりあえず、子どもの遊んでもいい陣地に押すか、放り込みます。

子どもとの楽しい関係性が築き上がってきたときに「自分の陣地に持っていってくださぁ~い」が通用するようになってきます。

自分のところに持っていってくれたら、優しく嬉しそうに「ありがとう」と必ず言います。

③お片付けの日をママの心の中だけで決めておきます。

子どもには内緒です。

だいたい、週一回くらい、次の日がお休みの時ぐらいがベストですが、たまった“だしっぱなし”をまとめて片付けさせます。

ただし、本など、特に傷みやすいものは、すぐに片付けるようにしつけていくことは大事です。

関係性が出来上がってからでないと無理ですが、言うことをきくようになって来たら、例えば、「本は大事。折れ曲がったらもう元には戻らないから。すぐに片付けるよ」と真面目な声で言って、片付けるまで見守ってください。

片付けてはあげません。

ただし、番号順に並べるなどの、美しさに関しては、“まとめて片付ける日”まで保留で良しとママの心の中で決めておきます。

もしも、子どもが高さ順や、カテゴリー順などで自分で片付けたら「偉いね!まじめだね!きちんとするね!?」と、しっかり褒めて下さい。

〇大掃除の時のお片付けの方法(散らかりすぎているときも有効)

必要なもの あれば段ボール5個くらい

①引き出しの中身を床に全部出す

②いるものを横に避けて、ゴミをゴミ箱にポイポイ捨てる【分別は後回し】

③子どもの身体の前にこどもを囲むように半円で段ボールを並べる

④おもちゃ、文房具、本、その他でポイポイ段ボールの中に分別して放り込む

⑤段ボールを一つ選び、段ボールを一個ずつ片付けていく

⑥ゴミの分別があったら分別をする

⑦掃除機をかける

⑧美しくなった部屋を眺めながら、「お疲れさま!」でジュースで乾杯!

「綺麗になったね~!!」と感心し、ともに喜ぶ

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ