ブログ

Blog

第61回 休みの日にダラダラしている

お休みの日にダラダラしていることが気になる理由は何ですか?

せっかくお休みなんだから、有効的に過ごしてほしいと思うのも親心ですよね。

子どもも“せっかくのお休みなんだから”好きなように過ごさせてほしいと思っているかもしれません。

子どもは子どもで平日、勉強に、人間関係に、とストレスを感じています。

帰ってきても、宿題や、次の日の時間割、習い事もあるでしょうか。

朝から晩まで予定に追われています。大人程ではないですが、子どもにしては、結構、時間の自由はありません。

お休みの日は唯一、朝から晩までダラダラできる日。

その子その子の、自分なりのストレスの発散方法があって、その一つがダラダラァァ~で、心の充電をして、登校日、学校へ、いざ、出陣!しています。

でもでもでもでも・・・それでも、気になってしまうときはどうしましょうか。

パターン1

①「今日の予定は?」と優しく明るく聞く

②子どもの予定がなんにもなかったら、「ママと一緒に〇〇しよう!」と誘う。

子どもだけに何かをさせるのは難しいです。だってダラダラしたいから、です。

③「え~!?」と言われたら「やろうよやろうよ!」と無邪気に誘ってください。

動き出してくれたら「ありがと!」です。可愛く言います。

もし、断られたら諦めて下さい。

そして数時間おいて、また誘ってください。

パターン2

①休みの日の前の夜、「明日、何か用事ある?」と聞きます。

②子どもがなんにも予定がなかったら、「じゃあ、明日、〇時から、ママと〇〇しよう!」と誘います。

オッケーだったら、「よし!やった!ありがと!おやすみ!」です。

「パス」と言われたら、少し、かわいくねだってみて、「しかたがないなぁ」と言わせてあげて下さい。

3回お願いしてダメだったら、諦めて次週、チャレンジしましょう。

もしも、もう少しねだりたかったら、当日の午後からお誘いをしてみましょう。

午前からは,しつこいと嫌がられます。

うまく一緒に行動で来たら、「今日もありがと!」です。

「今日は」にして、その日限りにしてしまわないこと。

「今日も」です。“次も一緒に行動しようね!”の意味が含まれています。

「楽しかったねー!」はぜひ、言って欲しいですが、「次もしようね!」の約束はしないでください。子どもの負担になります。

子どもは次から気軽にお誘いに乗れなくなります。一回でもオッケーすると、ずっとやらなきゃならなくなるかもしれないと不安に思い、その気があるときでも断るようになってしまいます。

このようにまずは行動の誘い出しからです。

休みの日に行動することに、楽しさを見いだせるようになると、子どもは自分でだんだんと行動するようになります。

止まっている凧に動け動けと命令しても、動かないでしょう?

凧を飛ばすために一生懸命自分が走ります。

飛んだら上手に浮いてもらうために糸を引いて調整しますよね。

あとは楽に凧は風に乗って気持ちよく飛んでくれます。

何かあれば落ちてきますし、風に乗らなくなれば落ちてきます。

そうしたら、また上げるだけです。

パターン3 

もしも友達と遊んでほしいと思うなら、「今日は〇君を誘ってみようよ!」と声をかけます。

結構、高学年でも大人と遊ぶのは喜ぶものです。

モノポリーでも、ドッジボールでもなんでもいいじゃないですか。

缶けりなど、昭和の遊びを覚えると新鮮ですよ。大人とじゃないとできない遊びはとってもほのぼのとした刺激です

友達も交えて数回遊ぶようになると、ママが子どもに声をかけない休みの日は自分で友達と約束をするようになります。

ココで、友達を誘ったときにサービスで“お菓子作り”“レジャー”など、美味しいものや、車でお出かけになってしまうと、友達にとっての価値が、自分の子どもではなく、ママになってしまいますから避けたほうが無難です。

「えー!?今日はおまえんちのママいないの?誘ってよ」となると、自慢の反面、こども自身の価値が低いような気がして、こどもは寂しくなり自分に自信がなくなってしまいます。

ママが抜けても、自分の子どもと友達とでも遊べる内容にしましょう。

ママが誘われたら、「うん!あそぼ‼あそぼ!」でいいですが、だんだん、「ありがとう!!でも、ざーんねん!今日は買い物行くんだよ、帰ったらまた何して遊んだか教えてね!ありがとうね!」と言って、子どもたちだけで遊ばせる日を作っていきます。

途中で抜けるのもアリです。

帰ったら、「わぁ~そんなに遊んだの!?楽しそう。いいなぁ」と羨ましがってあげてください。

絶対に「遊んであげる」「遊んであげられない」と言った、恩着せがましい言い方をしないようにしましょう。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ