ブログ

Blog

第99回  親だってわからなくていい

子どもに遠慮しすぎていませんか?あなたは「親」。例え、生物学上は違っていたとしても堂々としていればいいんです。お行儀が悪いこと、成長に良くないことには、臆せずに、毅然として注意をしましょう。必要なら、ルール違反に対しては、“お預かり”などのペナルティもありです。“お預かり”などのペナルティがないと、未熟な子どもは「信頼」の価値よりも「破ったもん得」「言うこと聞いたもん損」のほうが価値を感じるかもしれません。ですが、“お預かり”などのペナルティを出すにあたって躊躇してしまうということはありませんか?自分が買ってあげたものじゃないと所有権を気にして思いきれないということはないですか?機嫌を損なわれるのが嫌でとか、嫌われるのが怖くてということもあるかもしれません。大丈夫です!「お年玉で買ったんだから僕の権利だ!」「おばあちゃんが買ってくれて、いいって言ってるんだからママに権利はない!」と言われてもなんにも負けている必要はありません。なんてったって『親』なんですから。理屈はいりません。毅然と胸を張って言います。「『親』だから。誰のお金だろうと誰のものだろうと誰が何と言おうとダメなものはダメ。〇君のママだから。嫌われても言う。ママは『親』だから」につきます。ママじゃなくても同じです。「パパだから」「〇君は大事な孫だから。おばあちゃんは〇君のおばあちゃんだから」大事な子の人生を守るために嫌われようがダメなものはダメと譲らずにシッカリ・ハッキリ・キッパリ言うことが子どもへの真摯な姿勢です。ブレない姿勢が大事です。「なぜ?どうして?」にうまく答えられないこともあります。「おじいちゃんはいいって言ってるのに!?」と理詰めをしてくる、頭の回転の速い子もいるかもしれませんが、ひるまないで大丈夫です。完璧なママでなくてもかまわないんです。お弁当を手抜きしていても、お掃除をさぼってても関係おおなしです。そんなことに後ろめたさを感じるぜーんぜんありません!!良くないと思うことはちゃんといえるのがママです。ダメなものはダメ。子どもが大きくなってもおんなじです。例えば、子どもがアルバイトをして買ったバイクがあったとします。「注意力散漫なときは一カ月禁止」と言えるのもママの力です。ママ力、ママパワーです。『命のほうが大事』ですから。親だからこそ、喧嘩になってもとめるのです。子にとって自分は一生、親。子がいくつになっても親は親。親は堂々と子を守る。その強い自信がママなんです。「いいもん。勝手に乗るもん」と言われたら、どうしますか?それなら、ロングチェーンでグルグル巻きにロックして、諦めさせればいいんです。そんなママの思いはちゃんと伝わります。ブレずに、子どものママであることを誇りにして、理屈なんてどうでもよくて、わからないことでもわからないままにママはママとして、たくましく、図太く、“親”を貫いてください。

✖「〇〇さんがそういうなら、しかたがない・・」〇「誰が何といってもママの方針はこうだよ」

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ